浄水器の上手な使用法

 

浄水器が本来の性能を発揮できるかどうかは、メンテナンスとその使用方法によって決まると言っても過言ではありません。

私たち人間が生活するために欠かすことのできない水を毎日安心しておいしく飲むために、是非浄水器の正しい上手な使い方を知っておきましょう。


 

1 浄水器の水は早目に使う
 

一般的に、浄水器は、安全な水を家庭にお届けするために欠かせない水道水に含まれる残留塩素を取り除きます。このため殺菌力が低下しますので、浄水器を通した水は、早目に使うように心がけましょう。

 

2 浄水器の切り替えコックを使い分けます

 

たくさんの水栓取付型の浄水器には「原水コック」と「浄水コック」があります。食器などの洗い物の場合は「原水コック」に、飲用の場合は「浄水コック」に切り替えてお使いください。

 

3 朝一番は少し放流します

 

前日の水の一部が浄水器内部に溜まっているため、朝一番のご使用時には5〜10秒ほど水を流してから使う習慣をつけましょう。

 

4 カートリッジの交換は早目を心がけましょう

 

使用水量や水質等によって浄水器のカートリッジの寿命は異なりますが、蛇口直結タイプで3〜8カ月、据置タイプ・ビルトインタイプで1年程度がカートリッジ交換の目安です。
交換時期を過ぎると、カートリッジが目詰まりし本来の性能を発揮しないばかりでなく、浄水器本体の故障の原因ともなりますので早目の交換に心がけましょう。

 

5 使用説明書はよく読みましょう

 

浄水器内部の滞留水の処理やカートリッジの交換時期等が記入してありますので、説明書は必ずご一読ください。また、説明書や保証書は、いざという時のためにキッチン等の引き出しに大切に保管して下さい。
 


Copyright © 2000 

Environmental Total Systems Corporation  All right reserved