全自動硝酸性窒素除去装置
THE NITRATOR(ニトレイター) 

 特長
 仕様一覧
 PH等の調整


井戸水の硝酸性窒素を全自動で除去します
 

 ■ 特  長


 

陰イオン交換樹脂をFRPの樹脂タンクに重点して井戸水を通すことにより、水中の硝酸イオンを塩素イオンに置き換えます。
陰イオン交換樹脂の置き換え能力が飽和状態になる前に、飽和塩水の溶液を樹脂タンク内に送り、樹脂から硝酸イオンを溶離させて樹脂を再生する全自動運転システムによる硝酸性窒素除去装置です。
除去可能物質 :硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、フッ化物、Mアルカリ度等
除去不可能物質:
硬度、シリカ等

 ■仕様一覧

 

シングルシステム(樹脂タンク1本による全自動システムです)

機種名

処理水量
(L)

配管口径
(インチ)

樹脂タンク寸法
(mm)

塩タンク寸法
(mm)

KN-1S-25A

  8,000

1

250×1200

460×1020

KN-2S-25A

16,000

1

310×1320

460×1020

KN-3S-40A

24,000

1・1/2

360×1630

610×1220

KN-4S-40A

32,000

1・1/2

410×1650

610×1220

KN-5S-40A

40,000

1・1/2

460×1650

610×1220

KN-6S-40A

48,000

1・1/2

500×1850

610×1220

 

デュアルシステム(樹脂タンク2本による全自動切替交互運転システムです)

機種名

処理水量
(L)

配管口径
(インチ)

樹脂タンク寸法
(mm)

塩タンク寸法
(mm)

KN-1D-25A

16,000

1

250×1200

460×1020

KN-2D-25A

31,000

1

310×1320

460×1020

KN-3D-40A

48,000

1・1/2

360×1630

610×1220

KN-4D-40A

64,000

1・1/2

410×1650

610×1220

KN-5D-40A

80,000

1・1/2

460×1650

610×1220

KN-6D-40A

96,000

1・1/2

500×1850

610×1220

  • 上記の処理水量は原水含有量20PPMの硝酸態を水道法水質基準まで処理した場合 の水量です 。但し、他の陰イオン総量により処理量は変動します。

  • 本仕様は予告なく変更することがありますのでご注意ください

 ■ PHと塩素イオンの調整
  • PHの調節
    ニトレイターで処理の結果、イオン交換による水中の成分(溶解物)変化によって、処理水のPHが5.8以下(水道法水質基準値はPH5.8〜8.6)になることがありますが、その場合はPH調節剤の添加によってPH調節を行う必要があります。
     

  • 塩素イオンの調節
    ニトレイターは原水中の硝酸塩、亜硝酸塩、フッ化物等の陰イオン物質の総量を塩化物イオンに置き換えするため、原水処理の結果、塩素イオンが水道法水質基準値(200mg以下)を超える場合がありますが、この場合は当社宛ご相談下さるようお願いいたします。


■ 水質検査(簡易12項目)を承っておりますのでご相談下さい。(有料)
■ 井戸水で硝酸性窒素以外の項目が飲料不適合の場合は別途ご相談ください。


Copyright © 2000

 Environmental Total Systems Corporation  All right reserved